事業再生

「弁護士事務所に相談に行くときは破産をするとき・・・」会社経営者の皆さんはそうお考えではないでしょうか。
たしかに弁護士が会社の破産手続きを専門的に処理する職業であることは否定しません。
しかし、会社が破産するということは、従業員の家族なども考えれば、地域社会に与える経済的な影響は計り知れません。弁護士も相談に来られた企業に対して安易に破産手続きを勧めるようでは、地域社会に貢献しているとは到底言えません。そこで当事務所では会社を廃業する前に何とか事業を再生できないかということを経営者の皆様と共に真剣に考えます。

【CTP資格とは】

CTP資格は事業再生に関する必要かつ十分な知識と経験を有し、再生計画の策定および実行ができ、事業再生実務を行う上での高い職業倫理を有するものに与えられ、 CTP資格者はTurnaround Management Association(TMA)との協定により、CTP資格者として、米国CTP資格者に準じた業務基準、倫理規定および資格更新規定が適用される。 日本事業再生士協会参照 http://www.actp.jp

ご相談事例

破産をした方がよいと弁護士や顧問税理士から言われましたが、どうしたらよいでしょうか?

破産は最終的な手段です。当事務所では、破産を決断される前に破産を回避する方法を皆さんと共に考えます。

リスケジュール、追加融資、債権放棄、民事再生等様々な手法を、他の事業再生に長けた専門家と協力して検討します。

事業再生は経営の観点からは、コンサルタントの介入が不可欠ですが、コンサルタントは無資格でも行える職種ですので、一般の方にはどのコンサルタントが信頼が置けて相談できるのか、皆目見当がつかない分野です。
当事務所では金融機関出身や元会社経営者で実力があり、十分に信頼の置けるコンサルタントなどと協力し、事業再生の成功を目指します。

事業再生、最悪破産となれば経営者の家族はどうなるのでしょうか?

中小企業の事業再生は、経営者一族の問題を抜きに語れません。

会社は生活の経済的基盤であり、経営者本人はもちろんのこと、家族や親族が連帯保証人になっているケースが大半です。
経営問題は家族の問題でもあります。

再生計画はマニュアル通りに作れても、家族の問題を解決するのにマニュアルは頼りになりません。
人の問題ですから、経済合理性だけでは解決できないのです。
当事務所では、経営悪化によって生じる家族間の様々な問題にもできる限り配慮して進めるようにしております。

ご相談について

当事務所は、各分野の専門家とも協力して事業再生のために、民事再生、会社更生、特定調停、会社分割、中小企業再生支援協議会による調整等様々な手段を考えます。相談時にご用意いただく書類は、次のものをぜひともお持ちください。

  1. 確定申告書写し (直近3期分・勘定科目内訳書添付)
  2. 会社概要 (会社案内、パンフレット等)
  3. 過去及び将来の試算表・資金繰り表
  4. 債権者一覧表
    (金融、取引先、公租公課、労働債権を分けたもの。
    誰が保証人となっているかも分かるようにしてください)
  5. 不動産がある場合は、登記簿謄本

事業者相談

事業者相談  5,000円~(税別)/ 30分

ご相談の流れはこちら

借金の相談  初回相談 無料

ご相談の流れはこちら

お問い合わせ

松山089-907-5601

大洲0893-59-0353

受付時間 9:00~18:00(定休日:日・祝)
*大洲事務所については土曜日は隔週で営業しております。

費用についてお問い合わせフォーム

借金の相談  初回相談 無料

ご相談の流れはこちら

  • ①ご予約お電話または専用フォームよりご予約ください。
  • ②法律相談松山または大洲事務所にご来所ください。
    具体的な内容をおうかがいいたします。
  • ③ご依頼ご相談いただいた上で継続してサポートが
    必要かどうかをご判断ください。

事業者相談
5,000円~(税別)/30分

ご相談の流れはこちら

お問い合わせ
松山 089-907-5601
大洲 0893-59-0353

受付時間 9:00~18:00(定休日:日・祝)
*大洲事務所については土曜日は隔週で営業しております。

費用についてお問い合わせフォーム

サービスメニュー

ページTOPへ